法政大学出版局学術図書刊行助成

*本年度の募集は終了いたしました。多数のご応募、誠にありがとうございました。

一般財団法人・法政大学出版局では、2014年以来、学術論文の刊行助成事業を続けております。
2022年度の募集については、以下の要項をご確認の上、ご応募ください。

 ■第9回 募集要項 >>(PDF)

 ■刊行助成申請書 >>(Word / PDF)

 


【これまでの刊行助成対象作】

第1回 立花史『マラルメの辞書学』 2015年9月刊

第2回 川端美季『近代日本の公衆浴場運動』 2016年8月刊
山本健三『帝国・〈陰謀〉・ナショナリズム』 2016年8月刊

第3回 池田有日子『ユダヤ人問題からパレスチナ問題へ』 2017年7月刊
大坪玲子『嗜好品カートとイエメン社会』 2017年8月刊

第4回 小田切建太郎『中動態・地平・竈』 2018年7月刊
賀茂道子『ウォー・ギルト・プログラム』 2018年8月刊
網谷壮介『共和主義の理念』 2018年8月刊

第5回 淵田仁『ルソーと方法』2019年9月刊行
山村奨『近代日本と変容する陽明学』2019年9月刊行
松尾隆佑『ポスト政治の政治理論』2019年8月刊行

第6回 金志成『対話性の境界』2020年07月刊行
守博紀『その場に居合わせる思考』2020年09月刊行

第7回 藤本大士『近代日本におけるアメリカ人医療宣教師の活動』2021年08月刊行
梅田孝太『ニーチェ』2021年03月刊行

第8回 二藤拓人『断章・断片(フラグメント)のメディア文化学』
崎濱紗奈『伊波普猷の「日琉同祖論」』
河合一樹『大和心と正名』