叢書・ウニベルシタス 1120
アウグストゥス
虚像と実像

四六判 / 596ページ / 上製 / 定価:6,300円 + 税 
ISBN978-4-588-01120-7 C1022 [2020年08月 刊行]

内容紹介

ローマ史に燦然と名を残す皇帝アウグストゥス。カエサルの跡を継ぎ、対立する有力政治家や元老院の貴族勢力を抑え、やがて神的な至上権を握るまでにいたった毀誉褒貶の独裁者は、実のところいかなる人物であったのか? その政治手法やPR術に注目しつつ、青年オクタウィアヌスが自らを神話化していった行程をつぶさにあとづけ、帝政時代の礎がいかに築かれたのかを分析する歴史学の労作。英国の碩学レヴィックの初の邦訳。