韓国の学術と文化 28
韓国外交政策の理想と現実
李承晩外交と米国の対韓政策に対する反省

A5判 / 512ページ / 上製 / 定価:7,300円 + 税 
ISBN978-4-588-08028-9 C3322 [2008年03月 刊行]

内容紹介

1945-1953年、日本の植民地統治から解放された韓国は、東西冷戦と、左右両勢力の対立激化という国際的・国内的現実が錯綜する、複雑な政治状況に置かれた。著者は、「小国を中心とする小国際政治体制」概念を軸に、政党連合運動、南北協議から、李承晩の対米外交、米国の対韓政策の失敗を経て、韓米相互防衛条約の成立に至る政治過程を綿密に分析、戦後韓国政治外交史の核心を問う。