叢書・ウニベルシタス 1125
崇高の分析論
カント『判断力批判』についての講義録

四六判 / 382ページ / 上製 / 定価:3,600円 + 税 
ISBN978-4-588-01125-2 C1310 [2020年12月 刊行]

内容紹介

哲学史上、美と崇高の主題をめぐる記念碑的なテクストとなった『判断力批判』。理性・悟性・構想力、趣味と合目的性、快と不快、美感的なものと共通感覚などの近代的概念は、超越論的反省のなかで道徳や倫理といかなる関係を結んだのか。晩年のリオタールが、難解で知られる「崇高の分析論」の諸節に焦点をあて、三批判書とともに徹底読解したスリリングな講義録。

関連書籍

『世界の他化』
ボヤン・マンチェフ:著