身体忘却のゆくえ
ハイデガー『存在と時間』における〈対話的な場〉

A5判 / 272ページ / 上製 / 定価:3,800円 + 税 
ISBN978-4-588-15112-5 C1010 [2021年02月 刊行]

内容紹介

西洋哲学の歴史が忘却してきたのは、存在者の〈存在〉だけでなく、私たちの生身の〈身体〉もまた見失われてきたのではないか。従来、ハイデガー存在論に対して向けられてきた〈他者の不在〉という根本的批判、〈共存在〉をめぐる倫理の難問に、〈身体〉を介した〈対話〉の場の究明をつうじて正面から取り組む試み。第5回「ハイデガー・フォーラム渡邊二郎賞」受賞者による気鋭の論考。