ものと人間の文化史 134-Ⅱ
遊戯Ⅱ
日本小史と最新の研究

四六判 / 310ページ / 上製 / 価格 3,630円 (消費税 330円) 
ISBN978-4-588-21342-7 C0322 [2021年05月 刊行]

内容紹介

前作を刊行してから15年の間に新たにわかったこと、発見されたことを中心に、遊びの歴史を描く。とくに前作では言及しなかった中国や朝鮮、インドの遊びについて大きな紙幅を割き、シルクロードを経て日本に到達する過程も考察した。日本に関しては高校生のアンケート調査から、携帯ゲームやテレビゲームが普及し、伝統的な百人一首やかるたなどが凋落した近年の動きを報告する。

著訳者プロフィール

増川 宏一(マスカワ コウイチ)

1930年長崎市に生まれる。旧制甲南高等学校卒業。以来、将棋史および盤上遊戯史を研究。
大英博物館リーディングルーム・メンバー、国際チェス史研究グループ会員、チェス史研究支援財団名誉会員、チェス・コレクターズ・インターナショナル会員、遊戯史学会会長、日本将棋連盟将棋歴史文化アドバイザー。第17回将棋ペンクラブ大賞特別賞、第21回大山康晴賞受賞。
著書に、『賭博の日本史』『碁打ち・将棋指しの江戸』『碁打ち・将棋指しの誕生』『将棋の起源』『盤上遊戯の世界史』『日本遊戯史』『日本遊戯思想史』『将棋の歴史』『遊戯の起源』『江戸の目明かし』(以上、平凡社)、『将棋I・II』『盤上遊戯』『賭博I・II・III』『碁』『さいころ』『すごろくI・II』『合わせもの』『チェス』『遊戯』(以上、法政大学出版局)、『将棋の駒はなぜ40枚か』(集英社)、『ゲームの博物誌』(JICC出版局)、『将軍家「将棋指南役」』(洋泉社)、『小さな藩の奇跡』(KADOKAWA)など。

※上記内容は本書刊行時のものです。

目次

はじめに

第一章 遊びの日本小史
  1 先史時代
  2 古代
  3 中世
  4 近世
  5 近現代(一)
  6 近現代(二)

第二章 一六世紀の囲碁・将棋
  1 最初の専業者
  2 一六世紀の囲碁
  3 一六世紀の将棋
  4 普及の功労者
  5 本因坊の生活(一)
  6 本因坊の生活(二)
  7 俸禄拝領

第三章 盤上遊戯の新知見
  1 六博
  2 柶戯
  3 囲碁
  4 雙六
5 将棋
6 絵双六
7 連珠およびその他の盤上遊戯

第四章 他の遊戯の新知見
  1 樗蒲
  2 馬吊
  3 麻雀
  4 花札・かるた
  5 中国の骨牌と朝鮮の闘銭
  6 ヨーロッパのカード(一)
  7 ヨーロッパのカード(二)

第五章 海外の研究
  1 古代の遊戯盤
  2 三六枡目盤と二〇枡目盤
  3 インドの盤上遊戯
  4 チャトランガとチェス
  5 バクギャモン
  6 パトリ
  7 その他のゲーム

終章 独自の研究と課題
  1 博徒と賭博
  2 次の世代
  3 独特の研究(一)
  4 独特の研究(二)
  5 遊戯の断絶
  6 今後の課題

おわりに
参考文献
索引

関連書籍

『遊戯』
増川 宏一:著
『チェス』
増川 宏一:著
『合せもの』
増川 宏一:著
『すごろく Ⅰ』
増川 宏一:著
『すごろく Ⅱ』
増川 宏一:著
『さいころ』
増川 宏一:著
『碁』
増川 宏一:著
『将棋 Ⅰ』
増川 宏一:著
『将棋 Ⅱ』
増川 宏一:
『賭博 Ⅰ』
増川 宏一:著
『賭博 Ⅱ』
増川 宏一:著
『賭博 Ⅲ』
増川 宏一:著
『盤上遊戯』
増川 宏一:著