医療と戦時下の暮らし
不確かな時空を生きる

四六判 / 608ページ / 上製 / 価格 5,500円 (消費税 500円) 
ISBN978-4-588-31215-1 C1021 [2022年07月 刊行]

内容紹介

軍需優先の戦時体制のもとで生じた医療者や医薬品の不足は、いかに銃後の傷病人を苦しめ、多くの命を奪うことになったのか。そして、戦時下に形成された医療体制は戦後どのような展開を遂げ、コロナ禍の現代とつながっているのか。戦時という不確かな時空を生きた人びとの膨大な証言・体験・記憶に基づき、非常時の暮らしを精緻に描き出す。日本医療社会史の第一人者による集大成の書。

著訳者プロフィール

新村 拓(シンムラ タク)

1946 年静岡県生。早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士(早大)。京都府立医科大学教授、北里大学教授・副学長を経て、現在北里大学名誉教授。専攻、日本医療社会史。著書に、『古代医療官人制の研究』(1983 年)、『日本医療社会史の研究』(85 年)、『死と病と看護の社会史』(89 年)、『老いと看取りの社会史』(91 年)──以上の4 書にてサントリー学芸賞を受賞(92 年)。『ホスピスと老人介護の歴史』(92 年)、『出産と生殖観の歴史』(96 年)、『医療化社会の文化誌』(98 年)、『在宅死の時代』(2001 年)、『痴呆老人の歴史』(02 年)、『健康の社会史』(06 年)、『国民皆保険の時代』(11 年)、『日本仏教の医療史』(13 年。矢数医史学賞を受賞)、『近代日本の医療と患者』(16 年。以上いずれも法政大学出版局)が、編著に『日本医療史』(06 年。吉川弘文館)がある。

※上記内容は本書刊行時のものです。