縫い目のほつれた世界
小氷期から現代の気候変動にいたる文明の歴史

四六判 / 414ページ / 並製 / 価格 3,960円 (消費税 360円) 
ISBN978-4-588-35237-9 C0022 [2024年04月 刊行]

内容紹介

16世紀後半に世界を襲った小氷期により、飢饉、疫病、戦争がはびこるヨーロッパ。しかし、未曾有の危機を生き抜くための人々の創意工夫は、やがて技術と社会の革新に結実する。農業革命、重商主義、世界貿易へと続く近代の扉が開かれ、宗教と科学の拮抗のなかで新たな文化、新たな思想が開花する〈氷の時代〉を描いた一大歴史絵巻にして、現代の環境破壊・気候変動に警鐘を鳴らす問題提起の書。

著訳者プロフィール

フィリップ・ブローム(ブローム フィリップ)

フィリップ・ブローム(Philipp Blom)
1970年、ハンブルク生まれ。歴史学博士。歴史家、作家、ジャーナリスト。翻訳家としては、英語の自著をドイツ語に訳しているほか、オペラ台本などの翻訳も手がける。『手に入れることと死蔵すること 蒐集家と蒐集の秘史』(2002年)、『世界を啓蒙する 百科全書、歴史の流れを変えた本』(2005年)、『立ちくらむ歳月 西欧の変動と文化1900-1914年』(2008年)、『邪悪な哲学者 パリのサロンと啓蒙主義の忘れられた遺産』(2011年)、『裂け目 西欧の暮らしと文化1918-1938年』(2014年)、『たがの外れた世界 1570年から1700年までの小氷期および近代世界成立の歴史、ならびに現代の気候に関する考察若干』(2017年、本訳書の原著)、『あるイタリア紀行 300年前にわたしのヴァイオリンを作った移民の足跡を尋ねて』(2018年、翻訳『あるヴァイオリンの旅路』の原著)、『大世界舞台 変革の時代における想像力について』(2020年)、『征服 人間による自然支配の起源と終焉』(2022年)、『闇路を下りゆく時代の啓蒙』(2023年)など著書多数。ほかに長編小説、新聞・雑誌の論説、ラジオ番組など、多方面で活躍し、環境、政治など現代の問題にも積極的に発言している。ベストセラー作家の一人で、グライム文学賞はじめ受賞歴も豊富。

佐藤 正樹(サトウ マサキ)

佐藤 正樹(サトウ マサキ)
1950年、愛知県生まれ。名古屋大学大学院文学研究科修士課程修了。広島大学名誉教授。博士(文学)。ドイツ文学・文化史。訳書に、ビルクナー編『ある子殺しの女の記録』(人文書院)、ファン・デュルメン『近世の文化と日常生活』(全3巻、鳥影社)、コンゼンツィウス編『大選帝侯軍医にして王室理髪師ヨーハン・ディーツ親方自伝』(白水社)、ボラージオ『死ぬとはどのようなことか』(みすず書房)、ブローム『あるヴァイオリンの旅路』(法政大学出版局)など、共訳書に、ビルショフスキ『ゲーテ』(岩波書店)、マン『日記』(紀伊國屋書店)、デッカー『教皇と魔女』(法政大学出版局)、フロイント『冒険のバロック』(同)などがある。

※上記内容は本書刊行時のものです。

目次

プロローグ──冬景色

「神はわれらを見捨てられた」──ヨーロッパ、一五七〇〜一六〇〇年

 逃亡の修道士
 神の風と波と
 凍てつく寒さ、灼熱する太陽
 動乱時代と火を噴く山
 巡礼と空腹
 葡萄酒に秘められた真実
 葡萄酒とウィーンの人々
 翳りゆく星
 魔女と腐った収穫物
 星に真理を読む
 ファウストゥス博士
 書斎の塔

鉄の時代

 植物園
 革命を呼ぶ地
 子どもを喰らう都市
 青かびチーズの魔術
 大転換
 世界の姿
 無駄話と作り話
 警告と改善のよすがに
 涙 滂沱たり
 火縄銃の銃身から生まれた革命
 外国貿易の黒字
 機械としての国家
 有利な取引
 銀の宿命
 退役士官
 学者共和国の破壊力
 驚異のドイツ人
 美徳と溺殺房
 レビヤタン
 道徳の目録

天界の光──彗星その他

 賤民の迷妄
 反キリスト者
 メシアと娼婦
 氷上の歳の市
 新しい自然
 王家御用室内装飾師
 公衆と悪徳蜜蜂
 浮遊する師

エピローグ──蜜蜂の寓話への補説

 鳴禽と草鞋虫と珊瑚のように
 自由と贅沢
 遺産としての妥協
 大きな夢
 夢の市場での競争
 集団の彼岸
 危機に瀕しているもの

  謝辞
  原注
  訳注
  訳者後記
  図版
  文献
  人名索引

関連書籍

『あるヴァイオリンの旅路』
フィリップ・ブローム:著
『彗星雑考』
野沢 協:訳・解説
『続・彗星雑考』
野沢 協:訳・解説
『歴史批評辞典 I』
野沢 協:訳・解説
『歴史批評辞典 II』
野沢 協:訳・解説
『歴史批評辞典 III』
野沢 協:訳・解説