近世蝦夷地の地域情報
日本北方地図史再考

A5判 / 266ページ / 並製 / 価格 3,190円 (消費税 290円) 
ISBN978-4-588-38201-7 C1025 [2021年05月 刊行]

内容紹介

アイヌ民族の生活の場であり、諸外国にも和人にも未知の土地であった蝦夷地は、江戸幕府による支配以降、明治政府による開拓・植民政策の開始にいたるまで、さまざまな地図や測量図、風景絵図に描かれ、表象されてきた。「異域」であった北海道周辺地域の情報はどのように収集・把握され、一般の人びとにも「国土」の一部として認識されるようになったのか。日本の北方地図史の展開をたどる。

関連書籍

『近代測量史への旅』
石原 あえか:著
『教養の近代測地学』
石原 あえか:著