法政大学大原社会問題研究所叢書
「論争」の文体
日本資本主義と統治装置

A5判 / 432ページ / 上製 / 価格 5,280円 (消費税 480円) 
ISBN978-4-588-62546-6 C1330 [2023年02月 刊行]

内容紹介

1920年代から30年代にかけてこの国のマルクス派を二分して闘われた〈日本資本主義論争〉とは、政治の文体あるいは物語をめぐる衝突であった。再生産論、革命論、国家論、そして天皇制──中断され、閉じられた論争の鍵概念をいまいちど現代思想の方法論的雑踏のなかに差し戻し、資本の〈内部─外部〉を分析する諸論考のもとに新たな言説装置として再構築する試み。