叢書・ウニベルシタス 1124
理性の構成
カント実践哲学の探求

四六判 / 502ページ / 上製 / 定価:5,400円 + 税 
ISBN978-4-588-01124-5 C1310 [2020年11月 刊行]

内容紹介

カントは人間の自由および人格への尊敬を断固として擁護し、理性は行為を導くことができると主張したが、その一方で自由の基礎と人間の義務については退屈な説明をしたと非難される。カント研究を基盤に貧困、ジェンダー、教育も鋭く論じてきた女性哲学者が、理性・行為・自由に関してカントの倫理学を位置づけ直し、正義、義務、実例の力、子どもの権利問題などから、実践哲学の新たな可能性を提唱する。

関連書籍

『新・カント読本』
牧野 英二:編
『カントの自由論』
ヘンリー・E. アリソン:著
『自由の哲学』
オトフリート・ヘッフェ:著
『カント入門講義 〈新装版〉』
H.M.バウムガルトナー:著
『共和制の理念』
網谷 壮介:著