叢書・ウニベルシタス 1135
資本はすべての人間を嫌悪する
ファシズムか革命か(仮)

四六判 / 264ページ / 上製 / 価格 3,520円 (消費税 320円) 
ISBN978-4-588-01135-1 C1310 [2021年11月 刊行]

内容紹介

われわれはいま、ネオファシスト、セクシスト、レイシストたちの時代を生きている。憎しみが民主主義を蝕み、法治国家と例外状態の境界が薄れゆく黙示録的世界において、新自由主義の根源にひそむ内戦の論理とわれわれはいかに闘うべきか。空虚な集合としての民衆ではなく新たな政治的主体へ、そして革命家へと生成するために、現代の資本主義機械とその支配装置を分析する。

関連書籍

『分子革命』
フェリックス・ガタリ:著
『ミクロ政治学』
フェリックス・ガタリ:著
『フューチャビリティー』
フランコ・ベラルディ(ビフォ):著