叢書・ウニベルシタス 1166
法現象学入門

四六判 / 736ページ / 上製 / 価格 9,900円 (消費税 900円) 
ISBN978-4-588-01166-5 C1310 [2024年05月 刊行]

内容紹介

われわれの社会生活における法および法秩序は、いかにして現出しているのか。フッサールの影響下に法現象を論じた戦前の古典的法現象学を嚆矢とし、ハイデガー、シェーラー、メルロ=ポンティらの思考を継承した戦後法学の諸潮流を経て、現代の法現象学は人権、他者、責任、正義、自由といった問題圏へとその対象領域を展開している。哲学と法学を架橋する法現象学の理論枠組みを体系的に叙述する決定的大著。

関連書籍

『知覚の現象学〈改装版〉』
M.メルロ=ポンティ:著