問いとしての尊厳概念

A5判 / 574ページ / 上製 / 価格 6,380円 (消費税 580円) 
ISBN978-4-588-15137-8 C1010 [2024年03月 刊行]

内容紹介

これまで「尊厳」概念の議論は、生命倫理や医療倫理の領域で、欧米圏での議論が中心であったが、本論集はその枠組みを超えて、高齢者やジェンダーなどの社会問題から、人権、正義、法、プラトンやハイデガーなどの哲学における概念の再構築、儒教、仏教、イスラーム、そして文学や動植物ら被造物の「尊厳」を論じる。問いを新たに惹起して諸問題の議論を継続する「問いとしての尊厳概念」を創出する。

関連書籍

『逆境の中の尊厳概念』
セイラ・ベンハビブ:著
『尊厳と生存』
加藤 泰史:編