イギリス産業革命期の子どもと労働
労働者の自伝から

A5判 / 588ページ / 上製 / 価格 6,600円 (消費税 600円) 
ISBN978-4-588-64548-8 C1030 [2022年01月 刊行]

内容紹介

イギリス産業革命の推進力には、貧困状態にある多くの子どもたちの労働が含まれていた。研究史上これまで見過ごされてきた、617人にも及ぶ労働者たち自身による膨大な自伝資料・回想録を初めて徹底的に統計調査することで、過酷な重労働に従事した労働者階級の人々の個人的な物語と、その家族生活、親族関係、職業継承、徒弟制度、学校教育をめぐる歴史的な事実を明るみに出した画期的研究。

関連書籍

『福祉国家と家族』
法政大学大原社会問題研究所:編著