叢書・ウニベルシタス 1145
創られたサン=キュロット
革命期パリへの眼差し

四六判 / 278ページ / 上製 / 価格 3,960円 (消費税 360円) 
ISBN978-4-588-01145-0 C1310 [2022年07月 刊行]

内容紹介

貴族やブルジョワのキュロット(半ズボン)を穿かない庶民がフランス革命の推進力となり、その象徴的なイメージが街頭に姿を現す。前もって規定された運動体ではなく、行動の中で創り出された運動体として、サン=キュロットはパリの民衆が政治的経験によって複雑に変容した結果である。激変する世界の中で、多様な社会的当事者たちは如何にして新たなアイデンティティを見出すのか。革命的暴力の力学と現象学を提示する。

関連書籍

『国家に抗するデモクラシー』
ミゲル・アバンスール:著
『平等をめざす、バブーフの陰謀』
フィリップ・ブォナローティ:著
『フランス革命論』
J.G.フィヒテ:著
『マルクスとフランス革命』
フランソワ・フュレ:著