叢書・ウニベルシタス 1173
ロベスピエール
創られた怪物

四六判 / 494ページ / 上製 / 価格 5,500円 (消費税 500円) 
ISBN978-4-588-01173-3 C1323 [2024年08月 刊行]

内容紹介

「廉潔の士」、強力な権限をもつ公安委員会委員、最期は自身もギロティンで首を刎ねられた「暴君」……。死後二世紀を経た今なおロベスピエールは人びとの感情的な偏見と論争の対象である。革命的な理想の創出者だったのか、あるいは恐怖政治の創始者だったのか。本書は革命の進展と同時に彼が選択した政治的立場を丁寧に辿り、怪物というイメージがいかにして創り出されたのかを明らかにする。

関連書籍

『創られたサン=キュロット』
アイム・ブルスティン:著
『平等をめざす、バブーフの陰謀』
フィリップ・ブォナローティ:著
『マルクスとフランス革命』
フランソワ・フュレ:著
『フランス革命論』
J.G.フィヒテ:著