ブーレーズとの対話(仮)

四六判 / 256ページ / 上製 / 定価:3,200円 + 税 
ISBN978-4-588-41034-5 C1073 [2020年08月 刊行]

内容紹介

現代音楽の闘士と呼ばれたブーレーズが世界的指揮者として円熟期を迎える1990年代に行われたインタビュー。幼少期、学生時代から音楽家としてのキャリア形成期を経て国立音響音楽研究所(IRCAM)創設にいたる思い出を辿りつつ、音楽論、文学・絵画論、教育・社会・政治問題に対する姿勢が語られる。戦後フランスを駆け抜けた偉大な芸術家にして多才な知識人ブーレーズをあらためて知る貴重な対話集。

関連書籍

『意志と偶然 〈新装版〉』
ピエール・ブーレーズ:著
『魅了されたニューロン』
ピエール・ブーレーズ:著