田岡嶺雲論集成

四六判 / 266ページ / 上製 / 価格 3,080円 (消費税 280円) 
ISBN978-4-588-46016-6 C0095 [2021年11月 刊行]

内容紹介

日清・日露戦争期を代表する文芸批評家・中国文学者でありながら、天皇制国家のもとで幾度も発禁処分に遭い、歴史から忘れられてきた思想家、田岡嶺雲。人種的・社会的・性的格差のない地球共同体をめざしたその先駆的著作を半世紀以上にわたって掘り起こし、『田岡嶺雲全集』として完成させた著者が、折にふれて発表してきた嶺雲論を一冊に集成。嶺雲の魅力と全体像を知るのに格好の書。

関連書籍

『評論及び感想 一』
田岡 嶺雲:著
『評論及び感想 二』
田岡 嶺雲:著
『評論及び感想 三』
田岡 嶺雲:著
『評論及び感想 四』
田岡 嶺雲:著
『記録 伝記』
田岡 嶺雲:著
『翻訳 雑纂』
田岡 嶺雲:著