書評掲載

高榮蘭:著『出版帝国の戦争』が「沖縄タイムス」(2024年07月06日付/島村輝氏・評)に紹介されました。

ルース・シュウォーツ・コーワン:著, 高橋 雄造:訳『お母さんは忙しくなるばかり〈新装版〉』が「東京新聞」(2024年07月13日付)に紹介されました。

トマス・カスリス:著, 衣笠 正晃:訳, 高田 康成:解説『インティマシーあるいはインテグリティー〈新装版〉』が「週刊読書人」(2024年07月12日号/小林康夫氏・評)に紹介されました。

高遠 弘美:著『楽しみと日々』が「毎日新聞」(2024年07月06日付/鴻巣友季子氏・評)に紹介されました。

D.ヒューム:著, 石川 徹:訳, 中釜 浩一:訳, 伊勢 俊彦:訳『人間本性論 第2巻〈普及版〉:情念について』が「朝日新聞 折々のことば」(2024年07月06日付/鷲田清一氏・評)に紹介されました。

高遠 弘美:著『楽しみと日々』が「東京新聞 夕刊 大波小波」(2024年07月04日付)に紹介されました。

劉娟:著『中国の翻訳絵本と児童教育』が「中国研究月報」(916号、2024年06月25日発行/間ふさ子氏・評)に紹介されました。

2024年07月01日付「静岡新聞」に『不幸と共存』の著者・川口好美さんのインタビューが掲載されました。

竹本 研史:著『サルトル「特異的普遍」の哲学』が「図書新聞」(2024年07月06日号/根木昭英氏・評)に紹介されました。

中村 高朗:編著, 虎岩 直子:編著『記憶と芸術』が「図書新聞」(2024年06月29日号/平井倫行氏・評)に紹介されました。

フィリップ・ブローム:著, 佐藤 正樹:訳『縫い目のほつれた世界』が「日本経済新聞」(2024年06月22日付/山内昌之氏・評)に紹介されました。

高榮蘭:著『出版帝国の戦争』が「毎日新聞」(2024年06月22日付)に紹介されました。

権憲益:著, 鄭炳浩:著, 趙慶喜:訳『「劇場国家」北朝鮮』が「公明新聞」(2024年06月17日付/佐藤卓己氏・評)に紹介されました。

水野 的:著『日本人は英語をどう訳してきたか』が「英語教育」(2024年07月号/江利川春雄氏・評)に紹介されました。

ジャン=フランソワ・リオタール:著, 松葉 類:訳『レヴィナスの論理』が「週刊読書人」(2024年06月14日号/平石晃樹氏・評)に紹介されました。

押山 詩緒里:著『〈砂漠〉の中で生きるために』が「図書新聞」(2024年06月15日号/出雲春明氏・評)に紹介されました。

李舜志:著『ベルナール・スティグレールの哲学』が「図書新聞」(2024年06月15日号/谷島貫太氏・評)に紹介されました。

ファブリツィオ・デッラ・セータ:著, 園田 みどり:訳『19世紀イタリア・フランス音楽史』が「図書新聞」(2024年06月15日号/上山典子氏・評)に紹介されました。

李舜志:著『ベルナール・スティグレールの哲学』が「毎日新聞」(2024年06月05日付/ブックウオッチング)に紹介されました。

ポール・B.プレシアド:著, 藤本 一勇:訳『テスト・ジャンキー』が「図書新聞」(2024年06月01日号/横田祐美子氏・評)に紹介されました。