お知らせ

ロー・ミンチェン著/塚原東吾訳『医師の社会史』が、「図書新聞」(2014年11月22日号/加藤茂夫氏・評)にて紹介されました。

M.グラックスマン著/木本喜美子監訳『「労働」の社会分析』が、「家族社会学研究」(第26巻第2号、2014年10月/加藤喜久子氏・評)にて紹介されました。

法政大学出版局が所属する人文会の出版社20社の
ロングセラー、売れゆき良好書、在庫僅少本を一堂に会した
「年末年始は 本の街 神保町で人文書」フェアを
三省堂書店神保町本店で開催しています。 (さらに…)

ディルタイ著/森田孝・他 編集/校閲『ディルタイ全集 第9巻 シュライアーマッハーの生涯 上』が、「出版ニュース」(2014年11月上旬号)にて紹介されました。

U.ベック著/川端健嗣、S.メルテンス訳『世界内政のニュース』が、「出版ニュース」(2014年11月上旬号)にて紹介されました。

C.ペイトマン著/山田竜作訳『秩序を乱す女たち?』が、「図書新聞」(2014年11月8日号/岡野八代氏・評)にて紹介されました。

渡辺昭一編著『コロンボ・プラン』が、「図書新聞」(2014年11月1日号/平川幸子氏・評)にて紹介されました。

M.ハワード著/馬場優訳『第一次世界大戦』が、「週刊エコノミスト」(2014年10月28日特大号)にて紹介されました。

T.トドロフ著/小野潮訳『ゴヤ 啓蒙の光の影で』が、「出版ニュース」(2014年10月下旬号)にて紹介されました。

Th.W.アドルノ著/龍村あや子訳『マーラー』が、「音楽の友」(2014年11月号/寺西肇氏・評)にて紹介されました。

M.ハワード著/馬場優訳『第一次世界大戦』が、「産経新聞」(2014年10月19日付)にて紹介されました。

本田宏・堀江孝司編著『脱原発の比較政治学』が、「国際開発ジャーナル」(2014年10月号)にて紹介されました。

C.ベンティーン著/田邊玲子訳『皮膚』が、「図書新聞」(2014年10月18日号/村井翔氏・評)にて紹介されました。

鄭栄桓著『朝鮮独立への隘路』が、「人民の歴史学」(第201号、2014年9月/金耿昊氏・評)にて紹介されました。

平良好利著『戦後沖縄と米軍基地』が、「歴史評論」(2014年10月号/櫻澤誠氏・評)にて紹介されました。

平山篤子著『スペイン帝国と中華帝国の邂逅』が、「カトリック研究」(第31号/市川誠氏・評)にて紹介されました。

ディルタイ著/森田孝・他 編集/校閲『ディルタイ全集 第9巻 シュライアーマッハーの生涯 上』が、「図書新聞」(2014年10月11月号/深井智朗氏・評)にて紹介されました。

今井敬潤著『』が、「コンフォルト」(2014年10月号/中野照子氏・評)にて紹介されました。

平井雄一郎・高田知和編『記憶と記録のなかの渋沢栄一』が、「出版ニュース」(2014年10月上旬号)にて紹介されました。

第16回図書館総合展フォーラム
「専門書出版社と大学図書館-研究・教育、知の再生産のために、今できること-」

第16回図書館総合展にて、法政大学出版局が所属する人文会の主催により、
図書館関係者様を対象としたフォーラム「専門書出版社と大学図書館」を開催します。
概要・お申し込み方法は下記のとおりです。 (さらに…)