書評掲載

石原あえか著『教養の近代測地学』が「測地学会誌」(第66巻・2020年/東大地震研究所の元所長、大久保修平氏・評)にて紹介されました。

松尾隆佑著『ポスト政治の政治理論』が「政治思想研究」(第21号、2021年04月発行/遠藤知子氏・評)に紹介されました。

田中裕二著『企業と美術』が美術手帖(2021年6月号、2021年05月07日発行)に紹介されました。

石原あえか著『教養の近代測地学』が「地図情報」(157号・2021年5月号)に、元国土地理院院長・星埜由尚氏による「文献紹介」が掲載されました。

吉松覚著『生の力を別の仕方で思考すること』が「読書人」(2021年5月7日号/廣瀬浩司氏・評)に紹介されました。

牧野英二、小野原雅夫、山本英輔、齋藤元紀編『哲学の変換と知の越境』が「法政哲学」(第17号、2021年発行/菅沢龍文氏・評)に紹介されました。

澤田直著『サルトルのプリズム』が「法政哲学」(第17号、2021年発行/酒井健氏・評)に紹介されました。

大森一三著『文化の進歩と道徳性』が「法政哲学」(第17号、2021年発行/相原博氏・評)に紹介されました。

ギュンター・アンダース著/青木隆嘉訳『時代おくれの人間  』が、「日本経済新聞」の「半歩遅れの読書術」(2021年4月21日付/岡田温司氏・評)にて紹介されました。

今井敬潤著『』が「測量」(2021年5月号/三浦基弘氏・評)にて紹介されました。

田中裕二著『企業と美術』が「アートコレクターズ」(2021年5月号、2021年4月25日発行)に紹介されました。

フィリップ・ブローム著/佐藤正樹訳『あるヴァイオリンの旅路』が「図書新聞」(2021年5月1日号/「本が好き!」PR記事)に紹介されました。

ピエール・ブーレーズ、ミシェル・アルシャンボー著/笠羽映子訳『ブーレーズとの対話』が「図書新聞」(2021年5月1日号/藤田茂氏・評)に紹介されました。

賀茂道子著『ウォー・ギルト・プログラム』が文春オンライン(2021年4月17日更新)に紹介されました。

オノラ・オニール著/加藤泰史監訳『理性の構成』が「図書新聞」(2021年4月24日号/竹山重光氏・評)に紹介されました。

フィリップ・ブローム著/佐藤正樹訳『あるヴァイオリンの旅路』が「産経新聞」(2021年4月18日付/桑原聡氏・評)に紹介されました。

フィリップ・ブローム著/佐藤正樹訳『あるヴァイオリンの旅路』が音楽の友(2021年5月号/小沼純一氏・評)に紹介されました。

ヴィクトーア・フォン・ヴァイツゼカー著/木村敏,丸橋裕監訳/ 橋爪誠,岸見一郎,伊藤均訳『自然と精神/出会いと決断』が「図書新聞」(2021年4月10日号/梅原秀元氏・評)に紹介されました。

生方淳子著/ミシェル・コンタ序『戦場の哲学』が「図書新聞」(2021年4月10日号/竹本研史氏・評)に紹介されました。

権代美重子著『日本のお弁当文化』が「読書人web」(笹川美季氏/ 府中市立図書館・評)に紹介されました。