書評掲載

マウリツィオ・ラッツァラート:著, 杉村 昌昭:訳『耐え難き現在に革命を!』が「週刊読書人」(2023年11月24日号/北川眞也氏・評)に紹介されました。

室井 光広:著『エセ物語』が「日本経済新聞」(2023年11月18日付/井口時男氏・評)に紹介されました。

岡 孝:著『梅謙次郎 日本民法の父』が「週刊読書人」(2023年11月17日号/辻村亮彦氏・評)に紹介されました。

中村 弘行:著『寒天』が「北海道新聞」(2023年11月05日付)に紹介されました。

前田 佳一:編『モルブス・アウストリアクス』が京都大学生協の書評誌「綴葉」(No.422、2023年11月号)に紹介されました。

根川 幸男:著『移民船から世界をみる』が「四国新聞」(2023年11月05日付)に紹介されました。

根川 幸男:著『移民船から世界をみる』が「福島民報」(2023年11月04日付)に紹介されました。

パール・バック:著, 伊藤 隆二:訳『母よ嘆くなかれ』が「婦人の友」(2023年12月号、2023年12月01日発行/若松英輔氏・評)に紹介されました。

土井 智義:著『米国の沖縄統治と「外国人」管理』が「同時代史研究」(第16号、2023年09月01日発行/徳田匡氏・評)に紹介されました。

金耿昊:著『積み重なる差別と貧困』が「同時代史研究」(第16号、2023年09月01日発行/鄭栄桓氏・評)に紹介されました。

根川 幸男:著『移民船から世界をみる』が「週刊読書人」(2023年10月27日号/大熊智之氏・評)に紹介されました。

河合 一樹:著『大和心と正名』が「日本思想史学」(第55号、2023年発行/水野雄司氏・評)に紹介されました。

岡村 俊明:著『中野好夫論』が「日刊ゲンダイDIGITAL」(2023年10月13日付)に紹介されました。

根川 幸男:著『移民船から世界をみる』が「ディスカバー・ニッケイ」(2023年10月13日付/川井龍介氏・評)に紹介されました。

マンフレート・フリュッゲ:著, 浅野 洋:訳『魂を失った都』が「日本経済新聞」(2023年10月14日付)に紹介されました。

岡村 俊明:著『中野好夫論』が「週刊読書人」(2023年10月13日号/吉田裕氏・評)に紹介されました。

中村 弘行:著『寒天』が「文藝春秋」(2023年11月号/本郷恵子氏・評)に紹介されました。

中村 弘行:著『寒天』が「読売新聞」(2023年10月08日付/金子拓氏・評)に紹介されました。

土井 智義:著『米国の沖縄統治と「外国人」管理』が「歴史評論」(通巻882号、2023年10月号、2023年09月12日発行/秋山道宏氏・評)に紹介されました。

根川 幸男:著『移民船から世界をみる』が「京都新聞」(2023年10月03日付/阿部秀俊氏・評)に紹介されました。