お知らせ

石原あえか著『近代測量史への旅』が、「日経サイエンス」(2016年3月号/杉山滋郎氏・評)にて紹介されました。

江橋崇著『かるた』が、「北國新聞」(2015年12月27日付)、「信濃毎日新聞」(2016年1月3日付)、「河北新報」「秋田魁新報」「山形新聞」「下野新聞」「新潟日報」「福井新聞」「山陰中央新報」「愛媛新聞」「宮崎日日新聞」「長崎新聞」「熊本日日新聞」「南日本新聞」(2016年1月10日付)、「東奥日報」「佐賀新聞」(2016年1月17日付)、「大分合同新聞」「上毛新聞」(2016年1月24日付/以上、野口武彦氏・評)にて紹介されました。

1月14日(木)より、紀伊國屋書店上智大学店にて法政大学出版局フェアが開催されております。 新刊を中心に売行良好書が展開されておりますので、この機会に紀伊國屋書店上智大学店に足をお運びください。

平良好利著『戦後沖縄と米軍基地』が、「東京新聞/中日新聞」(2016年1月17日付/丸川哲史氏・評)にて紹介されました。

2016年2月12日(金)に、東京堂書店神保町店にて、小局「シリーズ・キーワードで読む中国古典」刊行記念トークイベントが開催されます。 (さらに…)

松山壽一著『造形芸術と自然』が、「週刊読書人」(2016年1月15日号/寄川条路氏・評)にて紹介されました。

S.ギリー、W.J.シールズ編/指昭博、並河葉子監訳『イギリス宗教史』が、「西洋史学」(257号/村岡健次氏・評)にて紹介されました。

毎年恒例の〈書物復権〉共同復刊のリクエスト投票が開始されました。第20回となる2016年は昨年同様10出版社が参加し、148点153冊の充実した復刊候補が揃いました。
また今回も、通常では復刊しにくい少数のご要望にお応えすべく、オンデマンド版での復刊も実施いたします。 (さらに…)

松山壽一著『造形芸術と自然』が、「図書新聞」(2016年1月9日号/武田利勝氏・評)にて紹介されました。

石原あえか著『近代測量史への旅』が、「東京大学 教養学部報」(第580号、2016年1月6日/松原宏氏・評)にて紹介されました。

千森幹子著『表象のアリス』が、「朝日新聞」(2015年12月27日付、書評委員が薦める〈今年の3点〉/五十嵐太郎氏・評)にて紹介されました。

ジン・ワン著/廣瀬玲子訳『石の物語』が、「読売新聞」(2015年12月27日付、読書委員が選ぶ〈2015年の3冊〉/出口治明氏・評)にて紹介されました。

吉田元著『』が、「東京新聞」(2015年12月27日付、2015 私の3冊/陣内秀信氏・評)にて紹介されました。

有岡利幸著『椿』が、「グリーン・パワー」(2016年1月号)にて紹介されました。

江橋崇著『かるた』が、「出版ニュース」(2015年12月下旬号)にて紹介されました。

B.レディングズ著/青木健、斎藤信平訳『廃墟のなかの大学』が、「週刊読書人」(2016年1月1日号〔12月25日合併〕/特集「人文学は滅びない」)にて紹介されました。

「週刊読書人」(2015年12月18日号、年末回顧総特集)にて、小局の書籍が多数紹介されました。

〈政治・社会・人文科学を振り返る〉
■J.ハーバーマス著/三島憲一訳『人間の将来とバイオエシックス』……宮台真司氏・評

〈2015年回顧総特集〉
■立花史著『マラルメの辞書学』……塚本昌則氏・評

■H.A.ベイカー・ジュニア著/松本昇、他訳/今福龍太解説『ブルースの文学』……長岡真吾氏・評

高尾一彦著『横笛と大首絵』が、「朝日新聞」(2015年12月21日付、夕刊/横田冬彦氏・評)にて紹介されました。

L.シュトラウス著/石崎嘉彦、他訳『都市と人間』が、「図書新聞」(2016年1月1日号/井上弘貴氏・評)にて紹介されました。

石原あえか著『近代測量史への旅』が、月刊「測量」(2016年1月号/三浦基弘氏・評)にて紹介されました。