お知らせ

現在、ジュンク堂書店藤沢店にて「叢書・ウニベルシタス1000番突破記念フェア」を開催しております。
藤沢店では、「叢書・ウニベルシタス1000番到達記念ブックレット」に掲載の、編集部によるおすすめコメントを付した書籍を中心に、約80点を展示・販売しております。
ぜひ、お誘い合わせの上、足をお運びください。

【フェア概要】

■期間:2014年5月~6月末日
■場所:ジュンク堂書店藤沢店
    神奈川県藤沢市藤沢559 ビッグカメラ藤沢店7F・8F

J.-F.リオタール著/松葉祥一訳『なぜ哲学するのか?』が、「東京新聞/中日新聞」(2014年5月4日付/雑賀恵子氏・評)にて紹介されました。

石井一也著『身の丈の経済論』が、「日本経済新聞」(2014年5月4日付)にて紹介されました。

T.C.ジェプセン著/高橋雄造訳『女性電信手の歴史』が、「神奈川新聞」「愛媛新聞」(2014年5月4日付)、「徳島新聞」(2014年5月11日付/以上、糸井恵氏・評)にて紹介されました。

E.レヴィナス著/R.カラン、他監修/三浦直希、他訳『レヴィナス著作集』が、「出版ニュース」(2014年5月上旬号)にて紹介されました。

進藤久美子著『市川房枝と「大東亜戦争」』が、「出版ニュース」(2014年5月上旬号)にて紹介されました。

陣内秀信・高村雅彦編『水都学 II』が、「東方」(399号、2014年5月号)にて紹介されました。

J.-F.リオタール著/松葉祥一訳『なぜ哲学するのか?』が、「週刊読書人」(2014年4月25日号/加賀野井秀一氏・評)にて紹介されました。

T.ミッチェル著/大塚和夫・赤堀雅幸訳『エジプトを植民地化する』が、「出版ニュース」(2014年4月下旬号)にて紹介されました。

進藤久美子著『市川房枝と「大東亜戦争」』が、「朝日新聞」(2014年4月20日付/原武史氏・評)にて紹介されました。

C.ウェスト著/越智博美・他訳『民主主義の問題』が、「キリスト教文化」(2014年春号)にて紹介されました。

A.ジッド・他著/相磯佳正・他編訳『文化の擁護』が、「日本経済新聞」(2014年4月20日付/猪木武徳氏・評)にて紹介されました。

〈書物復権〉2014年の復刊書目が決定いたしました。今年は、吉川弘文館が加わり10社共同復刊となりましたことで、例年以上に多数のリクエストをいただきましたことこの場を借りてお礼申し上げます。 (さらに…)

J.-F.リオタール著/松葉祥一訳『なぜ哲学するのか?』が、「毎日新聞」(2014年4月16日付)にて紹介されました。

平良好利著『戦後沖縄と米軍基地』が、「レヴァイアサン」(54号、2014年4月発行/植村秀樹氏・評)にて紹介されました。

岡本仁宏編『新しい政治主体像を求めて』が、「出版ニュース」(2014年4月中旬号)にて紹介されました。

M.エリアーデ著/前野佳彦訳『加入礼・儀式・秘密結社』が、「図書新聞」(2014年4月19日号/奥山倫明氏・評)にて紹介されました。

E.レヴィナス著/R.カラン、他監修/三浦直希、他訳『レヴィナス著作集』が、「朝日新聞」(2014年4月6日付)にて紹介されました。

J.トーピー著/藤川隆男・他訳『歴史的賠償と「記憶」の解剖』が、「図書新聞」(2014年4月12日号/松原宏之氏・評)にて紹介されました。

S.T.コウルリッジ著/東京コウルリッジ研究会訳『文学的自叙伝』が、「イギリス・ロマン派研究」(第38号、2014年3月発行/勝山久里氏・評)にて紹介されました。