お知らせ

ラシード・ハーリディー:著, 鈴木 啓之:訳, 山本 健介:訳, 金城 美幸:訳『パレスチナ戦争』が「朝日新聞」(2024年02月03日付/前田健太郎氏・評)に紹介されました。

中島 成久:著『アブラヤシ農園開発と土地紛争』が「東南アジア研究」(61巻2号、2024年1月31日発行/水野広祐氏・評)にて紹介されました。

テオドール・レッシング:著, 田島 正行:訳『ユダヤ人の自己憎悪』が「明治大学広報」(第780号、2023年12月01日発行/岩野卓司氏・評)に紹介されました。

ラシード・ハーリディー:著, 鈴木 啓之:訳, 山本 健介:訳, 金城 美幸:訳『パレスチナ戦争』が「外交」(83号、2024年01月31日発行)に紹介されました。

クレール・マラン:著, 鈴木 智之:訳『断絶』が「図書新聞」(2024年02月03日号/大橋一平氏・評)に紹介されました。

川口 好美:著『不幸と共存』が「週刊読書人」(2024年01月26日号/川口好美氏、杉田俊介氏・対談)に紹介されました。

梁仁實:著『朝鮮映画の時代』が「民族文学史研究(민족문학사연구)」(83号、2024年1月/김모란氏・評)に紹介されました。

フィリップ・ラクー=ラバルト:著, ジャン=リュック・ナンシー:著, 柿並 良佑:訳, 大久保 歩:訳, 加藤 健司:訳『文学的絶対』が「図書新聞」(2024年01月20日号/高橋優氏・評)に紹介されました。

NHK BSプレミアム4K「4Kプレミアムカフェ:巨匠たちの肖像「革命を起こした隠者・セザンヌ」(2010年)」が再放送されます。 (さらに…)

マウリツィオ・ラッツァラート:著, 杉村 昌昭:訳『耐え難き現在に革命を!』が「レイバーネット日本」(2024年01月11日更新/根岸恵子氏・評)に紹介されました。

室井 光広:著『エセ物語』が「三田文学」(No.156、2024年02月01日発行/田中和生氏・評)に紹介されました。

ハンス=ウルリヒ・ターマー:著, 斉藤 寿雄:訳『アードルフ・ヒトラー』が「毎日新聞」(2023年12月23日付、2023年「この3冊」下/飯島洋一氏・評)に紹介されました。

寒天』の著者中村弘行先生がTBSラジオ「金曜ボイスログ」業界むしめがねのコーナーに出演されました。

マシュー・フリンダース:著, 武田 宏子:訳『それでも政治を擁護する』が「週刊読書人」(2023年12月22日号、2023年回顧 動向・収穫/吉田徹氏・評)に紹介されました。

根川 幸男:著『移民船から世界をみる』が「海事史研究」(第80号、2023年11月30日発行/山田廸生氏・評)に紹介されました。

毎年恒例の〈書物復権〉共同復刊、2024年は第28回を数えます。 (さらに…)

テオドール・レッシング:著, 田島 正行:訳『ユダヤ人の自己憎悪』が「表現者クライテリオン」(2024年01月号、2024年01月01日発行/橋場麻由氏・評)に紹介されました。

ラシード・ハーリディー:著, 鈴木 啓之:訳, 山本 健介:訳, 金城 美幸:訳『パレスチナ戦争』を題材に、パレスチナ問題の歴史と現在を考えるためのシンポジウムが開催されます。 (さらに…)

室井 光広:著『エセ物語』が「週刊読書人」(2023年12月15日号、二〇二三年の収穫!!/藤田直哉氏・評)に紹介されました。

ヴィルヘルム・ディルタイ:著, 伊藤 直樹:編集・校閲, 大石 学:編集・校閲, 的場 哲朗:編集・校閲, 三浦 國泰:編集・校閲『ディルタイ全集 第11巻』が「週刊読書人」(2023年12月15日号、二〇二三年の収穫!!/森一郎氏・評)に紹介されました。