お知らせ

スタンリー・カヴェル:著, 石原 陽一郎:訳『幸福の追求』が「図書新聞」(2022年10月15日号/木原圭翔氏・評)に紹介されました。

ダニエル・ミラー:著, 貞包 英之:訳『消費は何を変えるのか』が「図書新聞」(2022年10月15日号/阿部勘一氏・評)に紹介されました。

法政大学出版局では、2014年より「法政大学出版局学術図書刊行助成制度」を設け、全国の各大学在職の研究者および民間研究者を対象に、優れた学術的価値を有する専門的研究成果の募集を行っております。

2022年も、春に第9回目の募集を行い、局内および小局理事会における厳正な審査と、外部の審査員による評価を経て、本年度は下記2点の論文作品を刊行助成対象とすることに決定しました。

(1)
著者:劉娟氏
論文:『中国における翻訳絵本の受容に関する研究──児童教育との関連を中心に』

《選考理由》
「出版業界の民営化、グローバルな人材育成のための教育改革の要請、日本の出版社の中国法人設立等々の要因が絡みあって急成長した、中国における翻訳絵本という分野の研究は、ニッチに見えて、改革開放以降の社会における政治経済諸制度の変化に関わってくる興味深いテーマである。日本との異文化交流の具体例だけでなく、中国の出版事情、教科書事情、図書館事情なども知ることができ、大学出版の刊行物にふさわしい研究として推奨できる。」

(2)
著者:谷憲一氏
論文:『懐柔と反逆のアーシューラー──現代イランにおける宗教のダイナミズムの民族誌』

《選考理由》
「イラン革命後のイスラーム教権力による国家統治の実態に迫る人類学的民族誌研究。シーア派の成立以来、人々の日常的実践のみならず、歴史やコスモロジーや生のあり方そのものを規定してきた伝統的な物語に着目し、それが現在までどのように機能しているかを、数々の具体的な民衆的実践の例から豊かに読み解いている。学術的な情報にアクセスしにくいこの地域を深く知るうえで、今後、貴重な文献の一つになると思われる。」

書籍としての刊行は、2023年春〜夏を予定しております。
このほか、少なからぬ力作論考のご応募をいただきましたが、残念ながら今回はご期待に添うことができませんでした。ご応募いただきましたすべての皆さまに、心より感謝を申し上げます。
なお、次年度以降も引きつづき、本「刊行助成制度」を実施してまいります。2023年3月下旬以降に、当ウェブサイト上にて詳細を告知する予定ですので(締め切りは5月末)、積極的なご応募をお待ちしております。

2022年 10月 7日 一般財団法人 法政大学出版局

山崎 望:編『民主主義に未来はあるのか?』が「図書新聞」(2022年10月08日号/臼井陽一郎氏・評)に紹介されました。

川村 湊:著『架橋としての文学』が「公明新聞」(2022年09月26日付/鄭百秀氏・評)に紹介されました。

山本卓著『二〇世紀転換期イギリスの福祉再編』が「大原社会問題研究所雑誌」(2022年10月号、No.767・768、2022年10年01日発行/金澤周作氏・評)に紹介されました。

ダニエル・ミラー:著, 貞包 英之:訳『消費は何を変えるのか』が「週刊エコノミスト」(2022年10月04日号/井堀利宏氏・評)に紹介されました。

ダニエル・ミラー:著, 貞包 英之:訳『消費は何を変えるのか』がJ-WAVE「THE WEEKEND LIBRARY」(2022年09月10日/司会:山口周氏、長濱ねる氏)に紹介されました。

金耿昊:著『積み重なる差別と貧困』が「ともに」(第66号、2022年07月21日発行/大石文雄氏・評)に紹介されました。

鳴海 邦匡:著『地図』が「測量」(2022年09月号、第72巻9号、2022年9月10日発行/瀬戸島政博氏・評)に紹介されました。

ジェーン・ハンフリーズ:著, 原 伸子:訳, 山本 千映:訳, 赤木 誠:訳, 齊藤 健太郎:訳, 永島 剛:訳『イギリス産業革命期の子どもと労働』が「図書新聞」(2022年09月03日号/野々村淑子氏・評)に紹介されました。

西田 勝:著『「満洲文学」の発掘』が「長崎新聞」(2022年08月07日付)に紹介されました。

西田 勝:著『「満洲文学」の発掘』が「日本海新聞」(2022年08月07日付)に紹介されました。

西田 勝:著『「満洲文学」の発掘』が「信濃毎日新聞」(2022年08月06日付)に紹介されました。

西田 勝:著『「満洲文学」の発掘』が「福島民友」(2022年08月06日付)に紹介されました。

金耿昊:著『積み重なる差別と貧困』が「福音と世界」(2022年9月号、2022年09月01日発行/大野光明氏・評)に紹介されました。

西田 勝:著『「満洲文学」の発掘』が「下野新聞」(2022年07月31日付)に紹介されました。

西田 勝:著『「満洲文学」の発掘』が「熊本日日新聞」(2022年07月31日付)に紹介されました。

朴賛弼著『韓屋と伝統集落』が「民俗建築」(第161号、2022年05月30日発行/藤本尚久氏・評)に紹介されました。

水田 恒樹:著『産業革命の原景』が「図書新聞」(2022年07月30日号/図書新聞2022年上半期読書アンケート/布野修司氏・評)に紹介されました。