お知らせ

「週刊読書人」(2015年7月24日号、2015年上半期の収穫から)にて、小局の書籍が多数紹介されました。 (さらに…)

ツイッターをはじめました 

法政大学出版局の公式アカウントを開設いたしました。新刊、重版、書評、フェア・イベント情報などを中心に発信していきます。
ぜひご活用ください。

H.クレイシ著/武田将明訳『言葉と爆弾』が、「朝日新聞」(2015年7月19日付/島田雅彦氏・評)にて紹介されました。

澤田直編『サルトル読本』が、「図書新聞」(2015年7月25日号/増田靖彦氏・評)にて紹介されました。

早稲田大学生協戸山店において、7月31日まで「法政大学出版局フェア」が開催されております。
話題の新刊、ロングセラー商品など200点を越える書籍が展開されております。

ぜひこの機会に早稲田大学生協戸山店に足をお運びください。

早稲田大学生協コーププラザ店において、7月31日まで「法政大学出版局フェア」が開催されております。
《叢書・ウニベルシタス》を中心に、話題の新刊、ロングセラー商品など1000点を越える書籍が展開されております。

ぜひこの機会に早稲田大学生協コーププラザ店に足をお運びください。

史上初の原爆被害記録、ジョン・ハーシーの『ヒロシマ』をめぐる、その孫・キャノンの旅を追ったドキュメンタリーが、二夜連続でテレビ放送されます。 (さらに…)

K.ローゼンクランツ著/寄川条路訳『日本国と日本人』が、「中央公論」(2015年8月号/山口文憲氏・評)にて紹介されました。

A.ホネット著/宮本真也・他訳『見えないこと』が、「出版ニュース」(2015年7月中旬号)にて紹介されました。

D.アーミテイジ著/平田雅博、他訳『思想のグローバル・ヒストリー』が、「図書新聞」(2015年7月18日号/大西晴樹氏・評)にて紹介されました。

図書新聞」(2015年7月18日号)の2015年上半期読書アンケートにて、小局の書籍が多数紹介されました。

■M.クヴァンテ著/加藤泰史監訳『人間の尊厳と人格の自律』……金森修氏・評

■H.A.ベイカー・ジュニア著/松本昇、他訳/今福龍太解説『ブルースの文学』……中釜聡・評

■澤田直編『サルトル読本』……小倉孝誠氏・評

J.ハーシー著/石川欣一・他訳『ヒロシマ [増補版]』が、「灯台」(2015年8月号)にて紹介されました。

冨岡典子著『ごぼう』が、「赤旗」(2015年7月5日付)にて紹介されました。

植村和代著『織物』が、「信濃毎日新聞」(2015年7月5日付)にて紹介されました。

合田正人著『フラグメンテ』が、「図書新聞」(2015年7月11日号/渡名喜庸哲氏・評)にて紹介されました。

H.A.ベイカー・ジュニア著/松本昇、他訳/今福龍太解説『ブルースの文学』が、「出版ニュース」(2015年7月上旬号)にて紹介されました。

H.クレイシ著/武田将明訳『言葉と爆弾』が、「週刊ダイヤモンド」(2015年7月4日号/宮野源太郎氏・評)にて紹介されました。

進藤久美子著『市川房枝と「大東亜戦争」』が、「日本歴史」(2015年7月号/石月静恵氏・評)にて紹介されました。

H.A.ベイカー・ジュニア著/松本昇・他訳/今福龍太解説『ブルースの文学』が、「ジャズ批評」(2015年7月号/雑木林進氏・評)にて紹介されました。

7月1日(水)~4日(土)の4日間にわたり、日本最大の本の展示会「第22回東京国際ブックフェア」が東京ビッグサイトで開催されます(一般公開日は3日・4日)。小局は例年どおり「書物復権10社の会」、「大学出版部協会」の各ブースにて、新刊書や好評既刊書を特別謝恩価格で展示・販売いたします。 (さらに…)